旭川市小児科 医療法人社団 土田こどもクリニック


夜尿症(おねしょ)について


 

今回は、夜尿症について、もう少しお話をさせていただきます。

夜尿症は、夜眠っている間に体でつくられるおしっこの量と、その尿をためる膀胱の大きさとのバランスがとれていないために起こります。

頻度は小学校入学前で10~20%小学校高学年で5%くらいと言われています。

夜尿症のタイプでは、水分を多く取る習慣ホルモンの分泌が少ない「多尿型」膀胱が小さいために起こる「膀胱型」、その両者が原因の「混合型」があります。

それぞれにより治療法が違いますが、水分制限やお薬などでの適切な治療で1年間に約2~5割の方が治ると言われています。

ただ、なかには治りにくい夜尿症もあり、

・寝てすぐに夜尿が見られたり、一晩に2~3回みられる

・昼間にも尿漏れや頻尿がある

・塩分や水分を取りすぎる傾向がある などの方は夜尿症が治りづらいとも言われています。

 

それでも、焦らずにお子様に接してあげることが一番ですので、ご家庭で出来ることの対策として、以下のことをしてあげてください。

1)無理やり夜中に起こさない

2)水分の摂り方は、朝や昼に多く取り、夕食は早めにとってその後は水分を制限する

3)規則正しい生活のリズムを作る

4)就寝中の寒さ(冷え)に気をつける

5)おしっこを我慢する訓練を続ける

 

   小学校の大きなお子様でも、20人に一人や二人くらいは夜尿症がありますので、あまり神経質にならずに、いずれは治るもの!というふうに、気長に様子を見てあげることも大事ですね

マーク.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 



 



トップページ
診療理念・方針
当番医・休診のお知らせ
予防接種のお知らせ
予約システム
交通のご案内
院長ブログ
スタッフブログ
プライバシーポリシー

お問い合わせ

当クリニックへのお問い合わせは、メールかお電話でお気軽にお寄せください。

メール:土田こどもクリニック受付
TEL:0166-55-0202


このページのTOPへ↑


(c)医療法人社団
土田こどもクリニック